成田酒販

HOME > おすすめ商品

おすすめ商品

お問い合わせ

ペルノ アブサン 68度
◆欧州で社会現象となった伝説のスピリッツ

20世紀初頭に製造禁止になったアブサン。
製造が禁止されてからおよそ1世紀後、本家ブランドのペルノから当時のレシピで復活したのが「ペルノアブサン」です。
爽やかな飲み口で、一度口にしたら忘れられない強烈な印象と味わいです。

おすすめの飲み方

・「フレンチ リチュアル」
穴のあいたスプーンに角砂糖をのせ、アブサンの入ったグラスの上に置き、冷たい水をぽたりぽたりと落として、ゆっくり5倍に薄める。

・その他カクテルベースとしてもお使いいただけます。


■ペルノ アブサン 68度 700ml

生産地:フランス
原材料:ニガヨモギ、グリーンアニス、各種ハーブ
カテゴリー:アニスリキュール
アルコール度:68度
取扱い上の注意:高アルコール度数のため、火気厳禁


※20世紀末のフランスのあらゆるカフェにペルノアブサンは置かれ、 画家、作家、詩人など多くの芸術家がこぞってペルノアブサンを手にしていました。ゴッホ、モネ、ロートレック、ランボー・・・など。ペルノアブサンの魅力的な色と感性を刺激する作用から、 「緑の詩神」「緑の妖精」と呼ばれ、食前酒としてパリで大流行。
 大西h洋を渡ってアメリカへと伝わり、その人気はとどまることを知らず、とうとう製造が需要に追いつかない状態になり、その結果、混ぜ物をした品質の劣る安い模造品が出回り、“人々を狂わせるアルコール”として1915年にアブサンの製造と飲用が禁止に。
 1988年に、以前許可されていたよりも低濃度であればニガヨモギ(ワームウッド)をベースにしたスピリッツを製造してもよくなりましたが、アブサンと呼ぶことは許されなかったという徹底ぶり。
 そして2011年、フランスでの法改正を受け、オリジナルの製法によるアブサンの製造、販売が可能になりました。

※「ペルノ アブサン」は、19世紀の手書きのレシピに基づき、ニガヨモギとグリーンアニスをワインスピリッツにしてマセレーション(浸漬)させたあと、銅製の蒸留器で蒸留。その後、スターアニスやメリッサ(レモンバーム)、小ニガヨモギ、ヒソップ、イラクサの香りのブーケをマセレーションさせ、アブサンが最初に製造された時とまったく同じ伝統的なプロセスによって製造されています。


※価格・デザイン・容器形状等は掲載時のものであり、メーカー・輸入代理店の事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。


2019H2


商品番号

25449

詳細情報

700ml

参考価格

4,233円(税別)