ニュース

2015年4月19日

インパクトのあるラベルは秋篠宮殿下から直々に絵の依頼を受けるという宮内庁御用達の画家が書いたもの

成田酒販

「誰にでも飲みやすく、年代や男女など一切関係なく、みんなで一緒に楽しめる焼酎」がコンセプト。

「泥亀」とは仏教用語で、底辺を表し、一番親しみを持てる生き物の意。

長崎県西海市の「大島酒蔵」が製造し、黒ラベルを麦焼酎、白ラベルを芋焼酎として展開しています。

麦焼酎は、100パーセント国内産大麦を原料に、低温減圧蒸留方式で醸造した原酒と、コニャックの古樽に貯蔵した麦焼酎の原酒をブレンド。

芋焼酎は、長崎県産の高級サツマイモ「紅あずま」と国産紅系サツマイモ、国内米を使った米麹(こうじ)のみで醸造しています。



インパクトのあるラベルは、秋篠宮殿下から直々に絵の依頼を受けるという宮内庁御用達の画家が書いたもので、ラベルの色も同画家が指定したものです。



現在、同県をはじめ、東京、大阪などの首都圏、各地方にも取り扱う店舗が増え、オーストラリア、スペイン、フランス、アメリカなどの海外でも取り扱われ始めるなど、勢いを増しています。


Notice