ニュース

2015年11月29日

蔵元紹介◆地酒とは、その土地の人たちが慣れ親しみ、飲んでいただける酒

成田酒販

麒麟山酒造(新潟)は、 「酒とは辛いもの」 という信のもと、辛口の酒質を貫いています。

貯蔵タンクすべてが14℃以下に保たれ、湧水のような綺麗な酒質を守っています。

「辛くてキレも良く、しかも味わいがある。」 と評判の麒麟山の酒は、特にお酒にこだわるお寿司屋さんからのご指名が多く、地元新潟では、飲食店様でのお取扱い件数NO.1の絶大な人気のお酒です。

魚料理全般、なかでも刺身やお寿司との相性は抜群で、スルスルと飲めて、とまらなくなるほど。

一度、飲みだしたらやめられなくなる 「麒麟山」 を是非、お試し下さい。



※ 「地酒」 とは蔵元のある土地で作られた米を原料とし、その大地の影響をたっぷりと受けた水を使い、その気候の中、その土地の蔵人によって醸され、何よりもその土地の人たちが日々の生活の一部として慣れ親しみ、飲んでいただけるお酒だと麒麟山酒造は考え、そんな「地酒」のありかたを目指しています。

Notice